白石麻衣に政略結婚の危機!?ドレス姿で現れたのぶおの思惑は?『俺スカ』第6話

古田新太主演のドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第6話が5月25日に放送。このほど、乃木坂46白石麻衣と古田のウエディングドレス姿の写真が到着した。

イケメントルコ人兄弟、互いを愛しすぎるゆえにある事件が勃発し…『アウト×デラックス

本作は、豪林館学園高校に国語教師として赴任したゲイの女装家が奮闘する姿を描いた痛快学園エンターテインメント。現在52歳で、かつてはゲイバーを経営していた原田のぶお(古田)は、歯に衣着せぬ物言いとハンパない行動力とあふれる愛で、巨大な権力に立ち向かいながら、生徒たちの心を解き放っていく。

第6話で里見(白石)は、親のすすめで医師の財前(戸塚純貴)と見合い結婚が決まってしまい、そのまま結婚式当日を迎えてしまう。「結婚もしたくないし学校もやめたくない」そんな里見の気持ちを知ったのぶおは……!?

某日、第6話の収録が行われ、古田と白石が“Wウエディングドレス”姿で撮影にのぞんだ。実は白石だけでなく古田もウエディングドレス姿は初めてではないそう。そんな撮影直後の白石からコメントが到着した。

そしてさらに、スペシャル企画の実施が決定。『俺のスカート、どこ行った?』の公式Twitter(@oresuka_ntv)で、第6話の式場シーンでの“のぶおの決め台詞”を予想するクイズを5月22日から実施。公式Twitterをフォロー&正解と思うセリフを選んでツイートするだけで、正解者の中から3組6名様を『俺スカ』の教室セット見学ツアーに招待。2年3組の教室で写真も撮影できる“激レアツアー”となっている。
(クイズの応募の締め切り:5月25日22:00まで)

白石麻衣 コメント>
ウエディングドレスを着るのは5回目くらいなんですけど、今回は隣に原田のぶお先生がいてくれたので、安心してホッとできました。原田先生のウエディングドレス姿がすごくかわいいんですよ。ドレスも身に着けているものも全部かわいいです。6話は台本を読んだときに深い話だなと思いました。自分が親に結婚を決められるとしたら、私だったらあきらめたくないし、里見先生も親のためとか考えて葛藤したと思うけれど、原田先生の言葉で救われて変わるんですよね。私と里見先生は似ているところもあるけれど、でも里見先生の方が良い意味で“ぶっ飛んでて”いいなと思っています笑。今回は教師として教壇に立つシーンもあるんです。学生の時に日直でみんなの前に出て一人でスピーチするというのがあって、私、苦手だったんですよ笑。でも緊張感のあるシーンだし里見先生の言葉をしっかり伝えたいです。とにかく6話は、どれか一つに絞れないくらい良いセリフがいっぱいあるので、どこかで共感してもらえると嬉しいです。

<第6話あらすじ>
豪林館学園高校では、2年生に向けての進路説明会が開かれることに。説明会は生徒と一緒に保護者にも集まってもらい、その後、希望する保護者が授業参観する予定になっていた。のぶお(古田)と田中(桐山漣)からその話を聞いた2年3組の東条(道枝駿佑)や若林(長尾謙杜)ら生徒は「高校生にもなって親に授業を見られるなんて……」と文句を言いながら、それぞれの家族の話をする。

そんな中、里見(白石)は、父・靖夫(小木茂光)のすすめで見合いをして結婚が決まっていた。結婚相手は、医師の財前(戸塚)。靖夫は自分の病院を継いでもらうため、里見にはどうしても医師と結婚してもらいたいと考えていた。靖夫との約束で、里見は結婚したら学校を辞めなければならない。しかし里見は、結婚もしたくないし、教師を続けたいと思っていた。そんな彼女の思いとは裏腹に、靖夫は挙式の準備を進めていた。

里見は保健室を訪れ、佐川(大西礼芳)に結婚のことを打ち明ける。もう結婚するしかないと諦めている里見の話を、ベッドで昼寝をしていたのぶおが聞いていた。

里見は、校長(いとうせいこう)と長井(松下奈緒)に結婚と退職を報告する。結婚と退職を受け入れようとしている里見に対して、本当にそれでいいのかと諭すのぶお。そんなのぶおの言葉を聞いた里見は、結婚の段取りを進める靖夫に抵抗するが、挙式の日を迎えてしまう。

一方、明智(永瀬廉)の元に、父親・純一(板尾創路)が突然やってきて……。


LINEニュース参照

JR九州、青い“ミッキー特急”運行へ 旅のわくわく感をデザインで表現

f:id:saikinsan:20190522221523j:image

女子旅プレス】JR九州は、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念し、九州新幹線での旅をアピールする『Go!Waku Waku Trip with MICKEY』プロジェクトの一環として、ミッキーデザインの青い特急列車「JR九州 Waku Waku Trip 883系」を、2019年5月30日(木)より運行する。

JR九州、“ミッキー新幹線”運行へ 描き下ろしデザインで車内外を装飾

今年5月に運行開始した特別新幹線『JR九州 Waku Waku Trip 新幹線』に続き、 883系ソニックにもミッキーマウスの特別デザインが登場。

運行区間は、博多~大分と大分~中津。デザインコンセプトは、ミッキーの旅の象徴でもあるトランクケース。ミッキーが旅の途中で集めたアイテムが外装デザインに散りばめられ、九州へ旅に出かけるわくわく感が表現されている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

 

JR九州 Waku Waku Trip 883系ミッキーマウスデザイン)
車両:883系特急列車(1編成、7両のうち2 両をラッピング)
運行期間:2019年5月30日(木)~2019年8月下旬(予定)
運行区間:博多~大分、大分~中津

情報:九州旅客鉄道

 

LINEニュース参照

15年前、スティーブ・ジョブズが「Apple Card」を計画していた


3月に発表されたAppleによるクレジットカード「Apple Card」は、実は15年前にスティーブ・ジョブズ氏が計画していたそうです。買い物で貯まる「iPoints」を、音楽コンテンツと交換できるのが特徴でした。

買い物で「iPoints」を貯めると音楽と交換できる

2004年に、スティーブ・ジョブズ氏の発案による「Apple Card」事業の準備が進められていた、と明かしたケン・セガール氏は、Appleの広告部門責任者をつとめ、「Think Different」などの広告コピーを生み出した人物です。



2004年当時のApple Cardは、購入額に応じた「iPoints」と呼ばれるポイントを貯めると、iTunesで販売される音楽コンテンツと交換できるのが特徴でした。


セガール氏は、ブログ記事で「ベッドを買ってR.E.M.をゲットしよう」「風船を買ってツェッペリンをゲットしよう」「口紅を買って、Kissをゲットしよう」などのコピーが入った広告の画像も公開しています。

興味深いことに、2004年のApple Cardも、2019年のApple Cardと同様にMasterCardと提携しての発行が計画されていましたが、条件面で折り合いがつかず、発行には至らなかった、とのことです。


2019年のApple CardはiOS12.4公開と同時にサービス開始か

Appleが3月のイベントで発表した「Apple Card」は、ユーザーのプライバシーを重視し、購入額に応じたキャッシュバックが受けられるクレジットカードです。



Apple Payに対応しない店舗での決済のために、カード所有者とAppleロゴが刻まれたチタン製の物理カードも発行されます。先日、「Apple Card」の実物写真が流出しています。



Apple Cardは今年の夏、アメリカで利用可能となる予定で、現在開発者と登録ユーザー向けのベータ2が公開されているiOS12.4正式版の公開と同時にサービスが提供されるとみられます。





Source:Ken Segall via 9to5Mac

(hato)


LINEニュース参照

芳根京子、志尊淳との初キスシーン秘話明かす「明太子味」

2019年5月22日 11:26マイナビニュース
女優の芳根京子が、21日に放送されたテレビ東京系バラエティ番組『チマタの噺』(毎週火曜24:12~25:00)にゲスト出演し、初めてのキスシーンについて語った。

MCの笑福亭鶴瓶から「キスシーンとかやったことあるの?」と聞かれ、「志尊(淳)くんとありました」と答えた芳根。「初めてが志尊くんとでした。お互い初めてで」と明かし、「お互い緊張していました」と当時を振り返った。

キスシーンの直前、ロケバスで待機していると志尊は空腹に耐えかねたのか「芳根ちゃん、うまい棒食べていいかな?」と確認。においの強い「めんたい味」であることに気づいた芳根は「一緒に食べれば同じ香りですね」と気遣い、自分もうまい棒を口にしたという。

「両方の明太子味は良かった?」と興味津々の鶴瓶。芳根は「緊張してあまり覚えてないですけど」と笑顔を見せ、「緊張がほぐれた覚えはあります」と懐かしんでいた。

LINEニュース参照

亀田興毅 那須川天心戦に弱気「さすがに俺も1RでKOされる」


 キックボクサーの那須川天心(20)と、ボクシングの元世界3階級王者・亀田興毅氏(32)が21日、都内での「AbemaTV3周年記念 1000万円シリーズスペシャルマッチ那須川天心VS亀田興毅」の記者会見に出席した。両者の対戦は6月22日、午後7時からAbemaTVで生配信される。
 興毅氏は現役時代さながらに、サングラスをかけて登場。しかし、席につくと柔和な語り口で、那須川が昨年大みそかフロイド・メイウェザーと対戦したことについて語った。「階級も上のチャンピオンに挑んで。ホンマにすごいなと。おれがメイウェザーとやったらと考えたら、それなりの自信があるじゃないですか。聞いてください」と司会者に目配せ。どんな自信があったかと聞かせ、「さすがに俺も1ラウンドにKOされます」と頭を下げて、場を和ませた。
 那須川は「若いころの亀田選手を見ていたので、すごいいろいろ言われるのかなと思ったんですけど」と格闘技界の後輩らしく恐縮。これにも興毅氏は「天心くん!言うても俺もおっちゃんやで。天心くんぐらいの年齢やったらな、イケイケやったけど」と気さくに応じていた。
 2年前に興毅氏が行った「1000万円シリーズ」の企画では那須川も挑戦者として応募をしていたが、年齢の要項を満たしておらず断念した経緯があるという。那須川は「リスクを背負って倒しにいく戦い以外ないと思います」とKO宣言。興毅氏も「(相手は)2、3階級上の話やからね。だから、ちょっと保険をかけとこうかな」と“いなし”ながらも、「まあ、でも倒しにいって1000万円。そりゃあまあ、ルールで一応あるわけやから。1000万円って。そりゃもらいにいかないとね。目の前に1000万ぶらさがっているわけやから」とひょうひょうと語った。最後には、「未来ある若人にボクシングの厳しさというものを教えたろうかな」と締めた。
 2人は「勝ったら1000万円」と呼ばれるAbemaTVの名物企画をそれぞれ行ったことがある。興毅は17年に同シリーズ第1弾としてリングにたち話題になった。那須川は5月18日にボクシングジム経営の藤崎美樹さん、元ボクシングWBAスーパーフライ級世界王者のテーパリット・ジョウジムと対戦し、KOを許さず1000万円を守った。
 今回の対戦では、興毅氏が挑戦者という位置づけ。興毅氏が那須川をKOした場合のみ1000万円の賞金を手にする。KOできずに試合時間が終了した場合は、1000万円の賞金は獲得できない。また、那須川は興毅氏をKOしても1000万円の賞金はない。


LINEニュース参照

東京ディズニーシー、新テーマポートの名称決定「ファンタジースプリングス」 22年開業目指す

f:id:saikinsan:20190521215941j:image

オリエンタルランドが21日、千葉・東京ディズニーシーエリア近くで、昨年6月に発表し計画を進めていた『東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト』の起工式を開催し、新テーマポートの名称が「ファンタジースプリングス」に決定したことを発表した。東京ディズニーシーを拡張し新たに開発される8番目のテーマポートとなり、“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”をテーマに、訪れたゲストを魔法の水が流れる滝や池に遭遇させてディズニー世界へと誘う。2022年の開業を目指す。

 「ファンタジースプリングス」は、幅広い世代に愛されているディズニー映画の世界を再現し、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』を題材とした3つのエリアが展開され、イメージ画像と動画がこの日初公開。

 誕生する4つのアトラクション、3つのレストラン、1つのショップ、そして、パーク内に位置し最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルは、このプロジェクトのために構成され、既存施設への追加投資として過去最高の約2500億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張となる。

 オリエンタルランド加賀見俊夫会長は今回の新テーマポート開発に「ここ数年3000万人以上のゲストがお見えになっているので、混雑緩和を含めてパークを拡張したい想いがあった。たどり着いたのが8番目のテーマポートとなり、我々もここまで拡張できるとは思わなかった」と説明。

 入園料については「ゲストの方が一番関心が高いことだと思いますが、これについては常に検討している。上げる、上げないについては、ゲスト満足度を見ながら判断していきたいと思います」と明かした。

 また、この日は今後導入や開業を予定している施設やエリアも発表。東京ディズニーシーで大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」(時期:19年7月23日)、東京ディズニーランドで新立体駐車場(19年7月予定)、東京ディズニーランド大規模開発として『美女と野獣をテーマとしたエリア』、「ファンタジーランド・フォレストシアター」、「ベイマックスのハッピーライド」、「ミニーのスタイルスタジオ」(20年春予定)、東京ディズニーリゾート内で『トイ・ストーリー』シリーズをテーマとした新ディズニーホテル(21年度予定)が展開される。

 

LINEニュース参照

木﨑ゆりあ、「初めてこんなに短い」ショートカット姿を披露!

2019年5月20日 20:46マイナビニュース
AKB48の木﨑ゆりあが20日、自身のInstagramを更新。「次の作品に向けて初めてこんなに短いショートですっ」とつづり、前下がりボブのショートカット姿を披露しました。
木﨑ゆりあ、ショートカット姿を披露に「何でも似合うなー」「かわいすぎるのですが…」 | マイナビニュース 元AKB48の木﨑ゆりあは20日、自身のインスタグラムを更新。
マイナビニュース
この投稿にファンからは「えぇぇぇ可愛い」「えっ、、かわいすぎるのですが、、」といったコメントが多数寄せられました。また、ファンのみならず、SKE48斉藤真木子やモデル・岡本夏美もそれぞれ「いやー君は何でも似合うなーほんと」「おかわ」と反応をみせています。


LINEニュース参照